関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド

yahoo!ブログから移転しました。 リンク集  駅の写真を集めた 「JR(国鉄)の駅巡り」と「私の撮影記」も併せてよろしくお願いします。

185系「踊り子」の引退ばかりが話題にされている感はありますが、JR世代の251系「スーパービュー踊り子」も今春に引退します。伊豆急行 伊豆稲取 (1) ~絶景の海岸線を俯瞰~ と同じ場所ですが、トンネルから出てきた列車と白波をクローズアップして撮ってみました。伊豆 ...

185系そのものが、国鉄最末期に登場した車両なので、国鉄時代に撮った写真がほとんどないのが現状ですので、今日も「国鉄時代」にJRになってからの写真でごまかします。ブログ開設7周年 ~寝台特急「さくら」~ を撮った日と同じ日に撮った 185系「踊り子」の修善寺編成 ...

和歌山の105系もなくなってしまいましたが、1年前の写真から。大和二見(奈良県)と隅田駅(和歌山県)のちょうど中間辺り、奈良県と和歌山県の県境近くで、国道が線路をオーバークロスする地点から和歌山線の列車を撮ることができます。隅田~大和二見 ...

まもなく引退を迎える185系。特急型とは言いながら、汎用性を重視して普通列車にも使えるようにした、財政破綻状態にあった国鉄の苦肉の策の車両でした。117系をちょっとだけグレードアップしただけの185系は、窓も開くし、静粛性もないし、「これが特急??」と思ったもので ...

185系「踊り子」も撤退が始まるということで、今回も季節は違いますが伊豆急での「踊り子」の写真です。伊豆稲取の旅館街の海に面した遊歩道から、海を手前に配して伊豆急の列車を撮ることができます。なお、この区間を行く列車を断崖絶壁から俯瞰して撮る場所は伊豆急行 伊 ...

赤川鉄橋と言えば、おおさか東線が開通する前、片町線の支線(城東貨物線)の時代には、線路と歩道が一体となった橋で鉄道名所でした。おおさか東線が複線で開業するため歩道は撤去され、現在は複線の鉄道専用橋となっています。かつては貨物列車しか走らなかった鉄橋を、現 ...

いよいよ185系「踊り子」も見納めのときが近づいてきました。最近185系「踊り子」に関連した記事へのアクセスが急激に増えています。普段、記事にする写真はその月に撮影したものを出すのを基本にしますが、185系へのアクセス数アップに便乗する形で、4月撮影のものですが先 ...

大阪環状線の西側部分は、まだ昭和の面影を残した風景が残っています。大正駅西側の高架下の街並みは、昭和で時が止まったよう。とは言っても、徐々にその風景は失われつつあり 寒い日は 熱燗で一杯! の赤ちょうちんは最近見たところなくなっていました。大正~弁天町 ...

長らく放置状態だった復刻時刻表 長野駅を追加します。本州中央部にある長野からの長距離列車は、東京、名古屋へ向かう列車が中心となりますが、比較的近距離のため、走行距離が1000kmを越えるような列車はなく、東海道、山陽、東北の各線に比べれば地味な感じです。寝台 ...

今朝(2月7日)の京都では、最低気温が氷点下になりました。南丹美山のかやぶきの里では40cmほどの積雪になりようやく雪景色になったとのこと。ず~っと暖冬傾向だったので寒さが身に沁みました。でもこれが本来の冬なんですね。今日はかなり古い写真ですが南国宮崎に参り ...

磐越西線の東側区間、郡山~喜多方間の電化は1967年で比較的早い時期に電化されています。国鉄時代には上野から直通の急行「ばんだい」が夜行便も含めて運転されていましたが、唯一の特急が「あいづ」でした。「あいづ」は一往復のみで、まさに看板列車的な存在でした。1982 ...

この冬は全く雪が降らない、積もらないので、雪景色の新作が撮れません・・・かなり古い写真ですが、雪景色を一枚。立木駅から徒歩で数分、立木駅の構内を見下ろす高台からの撮影です。なお雪がないとゴチャゴチャとした感じであまり絵になりません・・・線路沿いの道路から ...

東海道本線を跨ぐ県道142号に登る生活道路の階段部分から、複々線を行く列車を撮影できます。昨年の3月までは、EF65が牽引する72レがいい時間に上ってきたので、色々な場所で撮れました。今年の3月改正で運用はどうなるのでしょう・・・立花~尼崎 ...

D50の軸重を軽減し、丙線でも走れるように2D2のバークシャーの軸配置に改造して誕生したのがD60でした。老朽化した9600と急勾配線区では牽引力が不足するC58の置き換えを目的に全国各地の比較的輸送量の多い丙線に投入されました。しかしながら、投入された線区では強力なD60 ...

本当に久しぶりに九州です。教育大前駅の東寄りにある、国道3号のオーバークロスから鹿児島本線の列車を撮ることができます。カーブを車体を傾けて高速で駆け抜けるソニックがいい被写体となります。歩道があるので安全に撮影できます。教育大前~海老津 ...

昨日に引き続き加古川線です。神野 (1) ~加古川線のお立ち台 その2~ で紹介した 神野~厄神間の城山の山頂から、田んぼの中を真っすぐ進む加古川線の列車を撮ることができます。同じ場所で二つのアングルが得られ効率的な撮影ができます。作例は1月の撮影ですが、田んぼ ...

今冬は極端な暖冬で雪が降りませんね。西日本では前年比0%とのことで、まったく雪がない冬になっています。もともと冬枯れで風景的、色彩的には冴えない冬なので、撮影意欲は減退気味です・・・先日に続いて、昨年1月の加古川線から。厄神 (1) ~加古川線のお立ち台~   ...

久しぶりに京都懐古画像です。今年の正月は遠出せず家にいましたので、八坂神社にもお参りしてきました。しかし今の京都は、どこもかしこも人が多いですね~。八坂神社のこの場所も地面が見えないほどで、人波に飲まれながら歩く感じでした。半数は外国人観光客ですね。写真 ...

今回の山口線は蒸機が走らない、つまりほとんど撮影されることがない区間です。SL「やまぐち号」の終点 津和野を過ぎると線路も国道9号もトンネルに入ります。国道のトンネルを抜けてしばらく行くと東津和野大橋に至ります。東津和野大橋の上から手前に石州瓦の民家を配して ...

1月もネタ不足のため、場繋ぎ的に懐古画像にします。すでに103系、201系も引退した大阪環状線ですが、10年前にはまだまだ103系が幅を利かせていました。ちょうど10年前の1月、103系の1編成に色違いのウグイス色の電動車ユニットを組み込んだ混色編成が見られました。珍しいの ...

昨年の3月に18きっぷを使って岐阜近辺の高山本線の駅の写真を撮り歩いていました。駅を撮っては次の列車に乗って次の駅への繰り返しで、単線区間では、待ち時間ができるだけ短くなるように、単線区間では行ったり来たりのプランで動いていました。夕刻に那加駅に降り立つと、 ...

岡見 (1) ~海のすぐ傍に架かる鉄橋~ の続編です。線路寄りに鉄橋の傍まで降りると編成写真も撮れます。本来は午前中が順光となります。作例は1月の撮影ですが、冬の日本海にしては穏やかに晴れた日でした。鎌手~岡見 ...

「はくたか」といえば、今や北陸新幹線を代表する列車ですが、「はくたか」という愛称が付けられたのは、「白鳥」の分割編成の後を継いで、上野~金沢を長野経由を単独で結んだキハ80系による列車が始まりです。その後、電車化されるに際し、当時は碓氷峠をEF63と協調して通 ...

↑このページのトップヘ